CKD(慢性腎臓病)専門 椎貝クリニック
メインロゴ CKD(慢性腎臓病)専門 椎貝クリニック 電話番号 CKD(慢性腎臓病)専門 椎貝クリニック
問い合わせフォーム CKD(慢性腎臓病)専門 椎貝クリニック
椎貝クリニック ホームボタン 椎貝クリニック 医師紹介 椎貝クリニック クリニック紹介 交通アクセス 椎貝クリニック CKD(慢性腎臓病)専門クリニック
椎貝クリニック 腎臓の先生を採点してみましょう
椎貝クリニック 一般病院・医院の考え方
当クリニックの考え ボタン CKD(慢性腎臓病)専門クリニック 椎貝クリニック
椎貝クリニック 当クリニックの方針
椎貝クリニック CKD保存療法
椎貝クリニック 6つの進行因子
椎貝クリニック 食事療法
椎貝クリニック 瞑想
椎貝クリニック 尿蛋白排泄量の目標値
椎貝クリニック 椎貝達夫院長 著書 腎臓の透析は私が止めてみせる!
椎貝達夫院長
最新刊
椎貝クリニック 外観
椎貝クリニック
〒302-0014
茨城県取手市中央町2番25号
取手iセンター3階
TEL0297-84-6751


【診療内容】
CKD(慢性腎臓病)専門

【アクセス】
JR常磐線取手駅西口徒歩2分
 
関連リンク 
腎生会
腎臓病・腎不全の
 特殊食品の店ネフロン
当クリニックの考え 椎貝クリニック CKD(慢性腎臓病)専門クリニック
 
eGFR15で腎代替療法(透析または移植)は早すぎる!

 「一般病院・医院の考え」で示した考えは、要するに「腎機能が低下してゆくのを抑える作戦に失敗したから、つぎの方法でいのちを永らえましょう」と言う考えです。
「敗け戦」を認めようと言う考えです。
 この考えは世界で共通しています。患者さんには何の反論もできません。

 しかし私はこの考えに反対です!

 eGFR15にさしかかった患者さんについて詳しくしらべると、生活になにも支障がないことが多いのです。食事はおいしく、睡眠も良好、通勤にも会社での仕事にも何のさしつかえもありません。
 診察では、高血圧やむくみについての治療が必要かなと思う程度です。
 血液検査でたまに貧血が見つかり、造血ホルモンによる治療が必要なこともあります。
 eGFR15では、生活に何の支障もなく、大変元気です。
 その人たちにいきなり「透析か移植か」の話しです。
 患者さんは医師の話しがとうてい信じられません。「主治医の病院の透析患者を増やしたいから?」とつい勘ぐってしまいます。
 私のクリニックでは透析に入ることを勧めるのは「eGFRが6mL/min/1.73㎡台となり、それが2ヵ月間続いたとき」です。腎移植を勧めるのはもう少し早く、「eGFRが10を下回ったとき」です。先に述べたように、血縁者からの生体腎移植しか、移植を受けられるチャンスはほとんどありません。

eGFR15は、まだまだがんばって代替療法(移植、透析)への路に入らないようにできる時期なのです。

ですから、主治医から透析・腎移植の話しが出たら、なるべく早く当クリニックに電話・メールなどでご連絡下さい。
 だいぶ混んでいますが「eGFR6までがんばれる」に賛成の方は、できる限り受け入れます。
 あなたのお考えをよくお聴きし、当クリニックのスタッフ全員で最大限の努力をします。



椎貝クリニック ロゴ 中  
HOME 一般病院の考え方
医師紹介 当クリニックの考え
クリニック紹介 当クリニックの方針
交通案内・アクセス 当クリニックのCKD保存療法
初めて受診される方へ 6つの進行因子
▶診療カレンダー 食事療法について
尿蛋白排泄量の目標値
〒302-0014 茨城県取手市中央町2番25号 取手iセンター3階  
TEL : 0297-84-6751
   
   

since 2009 椎貝クリニック
All rights Reserved