CKD(慢性腎臓病)専門 椎貝クリニック
メインロゴ CKD(慢性腎臓病)専門 椎貝クリニック 電話番号 CKD(慢性腎臓病)専門 椎貝クリニック
問い合わせフォーム CKD(慢性腎臓病)専門 椎貝クリニック
椎貝クリニック ホームボタン 椎貝クリニック 医師紹介 椎貝クリニック クリニック紹介 交通アクセス 椎貝クリニック CKD(慢性腎臓病)専門クリニック
椎貝クリニック 腎臓の先生を採点してみましょう
一般病院・医院の考え
椎貝クリニック 当クリニックの考え
当クリニックの方針 椎貝クリニック CKD(慢性腎臓病)専門クリニック
椎貝クリニック CKD保存療法
椎貝クリニック 6つの進行因子
椎貝クリニック 食事療法
椎貝クリニック 瞑想
椎貝クリニック 尿蛋白排泄量の目標値
椎貝クリニック 椎貝達夫院長 著書 腎臓の透析は私が止めてみせる!
椎貝達夫院長
最新刊
椎貝クリニック 外観
椎貝クリニック
〒302-0014
茨城県取手市中央町2番25号
取手iセンター3階
TEL0297-84-6751


【診療内容】
CKD(慢性腎臓病)専門

【アクセス】
JR常磐線取手駅西口徒歩2分
 
関連リンク 
腎生会
腎臓病・腎不全の
 特殊食品の店ネフロン
当クリニックの方針 椎貝クリニック CKD(慢性腎臓病)専門クリニック
 
進行を止める、それには患者さんが病気をよく理解し、「自分がいまやるべきこと」を知って実行してもらう

進行した腎臓病はいくつもの病気が重なった状態ー

病気の正体が分かりにくく、患者さんは何をしたら良いか分からないー

図のようにeGFRが低下するにつれ、いくつもの病気(病態)がつみ重なった状態になります。
この荷物はだんだん増え、まず減ることはありません。
 どうしても薬が増えます。そうとう知識のある人でも、病気が何なのか、理解できないで途方に暮れることがあります。ましてや患者さんの高齢化が進み病気を理解できない人は増える一方なのです。
 そこで、どのうような患者さんにも病気は何なのか、何をしたらいいのかを分かってもらうため、努力しています。





椎貝クリニック ロゴ 中  
HOME 一般病院の考え方
医師紹介 当クリニックの考え
クリニック紹介 当クリニックの方針
交通案内・アクセス 当クリニックのCKD保存療法
初めて受診される方へ 6つの進行因子
▶診療カレンダー 食事療法について
尿蛋白排泄量の目標値
〒302-0014 茨城県取手市中央町2番25号 取手iセンター3階  
TEL : 0297-84-6751
   
   

since 2009 椎貝クリニック
All rights Reserved