椎貝クリニック 

椎貝クリニック ご予約・お問い合わせ 電話番号
椎貝クリニック お問い合わせフォーム ボタン
診療時間; 午前 9:00~12:00
午後14:00~17:00
(水・日・祝日休診)
 診療日
 
   
 
椎貝クリニック ホームボタン
 
椎貝クリニック(医師のご紹介)
 
椎貝クリニック(診療科目)
 
椎貝クリニック CKD リンクボタン
4者療法
CKD新保存療法bar
20のリスク 椎貝クリニック CKD 矢印
CKD新保存療法bar
尿蛋白排泄量
CKD新保存療法bar
リンのコントロール
CKD新保存療法bar
アシドーシス
CKD新保存療法bar
「瞑 想」
CKD新保存療法bar
カモスタッド・メシレート
CKD新保存療法bar
コレステロール対策
 
椎貝クリニック(ご来院の方へ)
 
クリニック所在地
椎貝クリニック 写真
〒302-0014
茨城県取手市中央町
2番25号
取手iセンター3階  

アクセス方法

椎貝クリニック リンク
 
椎貝クリニック(特殊食品の店ネフロン)
 
 
椎貝クリニック(腎生会)
 
椎貝クリニック 境界線

椎貝クリニック CKD 20のリスク

椎貝クリニック 境界線

椎貝クリニック 腎臓病を進行させる20の因子

CKD進行には図2.20のリスク・ファクター(RF)があり、そのなかでもで表わした6つがとくに重要です。

その6つのうち、血圧は蛋白尿と並ぶ2大「RF」です。

血圧が適正であるかどうかは外来血圧(office  blood pressure, oBP)だけでは判断できず、hBPが必要です。

椎貝クリニック 24時間蓄尿にこだわる理由

2.24hUC
を行う医療機関は日本国内でも少なくなっています。
しかし蓄尿には多くの利点があり、当クリニックではなるべく実行してもらっています(表1.)。

トイレット内に蓄尿バッグがあることを嫌がる人もいますが、尿のにおいはバッグに蓋をしたり、液体パラフィンを滴下し尿の表面を覆い、防ぐことができます。

3.薬剤投与 2.6つの最強のRFの治療は食事コントロールとともに薬剤で行います。
しかし薬剤数はともすると多くなりがちです。
薬剤が増えると副作用が多くなり、患者さんが支払う費用も増えますから、できる限り処方する薬を少なくするようにしています。

4.集学療法(multifactorial intervention, MI)腎臓病手帳

CKDRFは図のように多数あります。
患者さんも主治医もRFを原因を十分に把握する必要があり、進行に結びつきそうなデータを1つの表にまとめる必要があります。

「腎臓病手帳」はそのような集学化(MI)に役立ちます。

手帳には体重、血液のヘモグロビン、尿素窒素、クレアチニン、尿酸、カリウム、リン、eGFR24hUCのクレアチニンクリアランス、蛋白摂取量、食塩摂取量、尿蛋白排泄量の欄があり、余白に血液では重炭酸、カルシウムなど、24hUCではリン排泄量、カリウム排泄量などを記入します。さらに副甲状腺ホルモン(intact PTH)を書き加えることもあります。

このように1つの表にまとめることで、患者さんの受診時の状態がわかり、良い食事指導、適正な薬剤処方ができます。

 

4者療法に切り替えると多くの場合eGFR減少(eGFR decline))が少なくなり、透析までの期間が延長します。
Ibaraki Studyでは、35千万円の費用が節約されました(2017年の日本腎臓学会で発表予定)。


≪≪ トップへ戻る ≫≫

 
椎貝クリニックトップページ リンクボタン ホーム / 医師のご紹介 / 診療科目 / CKD新保存療法 / ご来院の方へ